タダラフィル服用による副作用

タダラフィルはED治療薬に含まれている主成分の一つです。
タダラフィルは、勃起不全の原因となる体内酵素5型ホスホジエステラーゼ(PED-5)の活性を抑制し、陰内周辺部の神経に作用して、血管を拡張し血流を促進させる効果を得られます。
これにより、勃起を促進させることができます。
催淫剤ではないため、性欲自体を亢進させる作用はなく、勃起をしやすい状態にする作用となります。
このタダラフィルの特徴としては即効性があり、効果の持続時間も長いことが挙げられます。
使用方法としては、性行為の30分前とされています。
ただ、最大で36時間の持続時間があるとされており、タイミングをそれほど気にせずに服用することができます。
食事の影響も受けないため、食後の服用も可能となっていますが、空腹時の服用の方が吸収しやすいため、発現時間が短くなります。
服用は1日1回までとなっており、次に服用するまでに24時間以上あける必要があります。
使用上の注意としては、狭心症や心不全の治療に使用するニトロなどの硝酸薬とは併用が禁止されています。
また、排尿障害治療薬や降圧薬などを服用している場合にも、血圧の変動に注意した慎重な使用が必要となります。
タダラフィル副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまりなどの症状がある場合があります。
また、一過性ではありますが、通常より眩しさを感じたり、全体が青っぽく見えるなどの視覚異常が現れる場合もあります。
こうしたことから、服用後の運転や高所での作業は控えることが大切です。
他のED治療薬に比べ副作用が少ないため、比較的需要の高い治療薬となっています。
販売されている商品としては、タダラフィルの含まれている量に応じて5mg、10mg、20mgのものがあります。

▼体に活力を!
ニンニク注射

▼ED治療薬をお探しの方はこちら
ED治療薬 通販