急増するセックスレスを勃起薬で夫婦別れを予防

欧米社会は日本とは違う、独特の価値観を持っています。
離婚するのが当たり前、週に一度以上のセックスのお誘いがないと正当な離婚理由として相手から慰謝料を受け取って別れられる等、日本とは異なる常識があるのです。
ただ最近では欧米化が日本国内でも進んでいます。
既に夫婦別れの理由としてセックスレスが正当な理由として採用されているのです。
さすがに一週間セックスをしないだけで一方的に離婚届けを突きつけられる、
といった事例はレアケースですが、半年から一年以上のセックスレスを理由に離婚するカップルは急増しています。

セックスレスの原因はカップルごとに違います。
文字通り相手への気持ちが冷めてしまいセックスするモチベーションが沸かない、
という事例もあれば、男性機能の低下からセックス離れを起こす男性も珍しくありません。
ただ奥様の視点からは男性機能の低下という男性特有の事情が分かりません。
セックスの頻度が激減した場合、それを愛情が冷めた証拠だと誤解する女性はとても多いのが実情です。

勃起不全のリスクは、そのままセックスレスと離婚のリスクに結びつきます。
数週間の空白であれば奥様も理解を示してくれるでしょう。
しかし、それが二ヶ月から三ヶ月ともなれば、夫婦の絆にヒビが入るかもしれません。
そういったリスクを回避するためには、勃起薬の服用が大事です。
疲れやストレスによる勃起不全も男性向けの勃起薬を服用すれば改善します。
実際に多くの夫婦がセックスレス回避のために勃起薬を性生活に取り入れてます。
夫婦の営みを行う直前に小さな錠剤を口に入れるだけですから、
心理的な負担もなく、準備もお水程度で十分です。
勃起薬の効き目は4時間から6時間程度継続しますので、数回分のセックスがお薬によってサポートされます。